あそびうた『おもちつき』

昔ながらの行事『おもちつき』

イラストを見てイメージをふくらましながら、楽しくリズミカルにペッタンペッタンしましょう!



このような目的をもって、このお歌をつくりました♪


一つ目は、『拍子』に親しみ、『2拍子、3拍子、4拍子』という名称を自然と覚えること。

幼児期にさまざまな拍子を経験することは、柔軟な感覚を身に付けられます。

特に3拍子は日本人には馴染みがなく、ピアノを弾くときも戸惑うお子さまがいらっしゃいます。

このお歌では、遊びながら自然と拍子の違いを感じられますよ♪



二つ目は、『そーれペッタンコ』のように、準備をしてからタイミングを合わせておもちをつくこと。

リトミック用語では、このように言います。

『アナクルーシス』(頂点に向かって準備すること)

『クルーシス』(頂点) 


例えば、ジャンプするとき、お歌をうたうときなど思い出してください。

お膝を曲げてから飛び上がるし、息を吸ってから歌います。

いろんな場面での『準備』の習得につながりますね!


また、将来ピアノなどの楽器を演奏するときにも役立ちます。

アナクルーシスやクルーシスが分かると、どこが盛り上がるのかなど感じながら演奏できるようになり、演奏にも深みが増していきます♪



動画ではスティックを使っていますが、慣れてきたら手のひらで遊んでみてくださいね!

まずは自分の手のひらで。

慣れてきたらママやパパとお子さまと、お互いの手のひらにペッタンコしたら楽しいと思います(^^)/












5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示